2010年01月22日

<センター試験>インフルで欠席 初日は全国426人(毎日新聞)

 10年度の大学入試センター試験は16日夜、初日の日程を終えた。最も受験者が多い外国語(筆記)には、志願者(55万3368人)の92.8%に当たる51万3267人が挑んだ。最終日の17日は理科と数学が行われる。

 新型インフルエンザの影響が懸念された今年、大学入試センターは最大5万人強が受験できない事態も想定していたが、16日までに病気やけがなどで追試受験の許可を受けたのは、全国で683人(インフルエンザが原因の受験生は426人)。2日間で231人が許可を受けた昨年を初日で上回ったが、大きな混乱はなかった。

 一方、5年目の英語のリスニングでは、今年もICプレーヤーの音声が聞き取りにくいなどのトラブルが相次いだ。176会場の198人が、試験終了後に他の機器で中断したところからやり直す「再開テスト」を受けた。また、東北文化学園大(仙台市)の会場では、体調を崩した受験生1人が別室で13分遅れでリスニング試験を受けた際、監督官が他の受験生と同じ時間に打ち切るミスがあり、30日に追試を受けることになった。【井上俊樹】

【関連ニュース】
センター試験:踏切事故で長野で開始遅れ
センター試験:今年も地元志向「就職を意識」
センター試験:初日に55万人 全国725会場
センター試験:725会場で16日から 55万人が志願
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ

張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
節分の縁起物 くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺(毎日新聞)
posted by tkqsmzin5g at 03:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)

posted by tkqsmzin5g at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。