2010年04月12日

紳士用のジャージージャケットが人気 着心地は楽チン 見た目はきちん(産経新聞)

 着心地が楽ながら、きちんと見えるジャージー素材の紳士用ジャケットが注目されている。クールビズでジャケット不要など職場での軽装化は定着しているが、職種や会う相手、場所によってはジャケットが必要なことも多い。「カジュアル以上、フォーマル未満」のジャケットで、もっとおしゃれが楽しめそうだ。(小川真由美)

  [フォト]「女装男子」が急増中 きれいならOK?

 ◆中間の上着として

 オンワード樫山(東京都中央区)は1日、主力ブランド「ダックス」「五大陸」などでジャージー素材のジャケット(2万9400円〜)の販売を強化した。ジャージーは1本の糸をループ状に編んだもの。スーツなどの縦糸と横糸を交互に織った生地と違い、軽くて伸縮性があり、一般的には運動着に使われることが多い。

 同社は年末年始、成田空港や東京駅、都内商業施設などで男性1千人の上着を調査。ジャケットの着用率は全体で7%だったが、おしゃれな店が多い商業施設では18%と高めだった。メンズ事業本部の小河原弘晴課長代理は「日本人は仕事のスーツ以外はフリースやセーターが多い。この中間の上着として提案したい」と話す。

 中でも真夏まで着られる麻のジャケットが好調だ。麻独特の光沢感を残しながら、糸の粒が出ないように加工。大型連休を控え、今後は旅行やゴルフ用の上着としてアピールするという。

 ユナイテッドアローズ(渋谷区)は、ポロシャツに多い鹿の子編みや、ニットを思わせる細かい編み目が柄のように見える生地のジャージージャケット(2万3100円〜)をそろえた。細身スーツの人気を受け、楽な着心地を維持しながら、着用して正面から見たときに細く見えるよう前身ごろは細めにし、後ろ身ごろはゆとりを持たせた。

 色は紺、グレー、ボルドー(赤紫色)の3色。流行を意識するなら、ボルドーでシングルよりダブルジャケット、白やベージュなど慣れた色でまとめる場合は紺やグレーがそれぞれおすすめ。生地がカジュアルなので、シルクシャツや重厚感のある革靴はバランスが悪いので避けた方がよい。UA本部事業戦略部の渡辺健文さんは「ジャケットは社交着の側面もあり、紳士の必需品」。

 ◆使い分けて気軽に

 パターンオーダーでもジャージー素材の注文が増えている。

 アルデックス(愛知県豊橋市)東京店は、縦方向にナイロンの糸を交ぜながら麻と綿の糸を編み込むことで、布の縁が切りっぱなしでも糸がほつれない生地を採用。切りっぱなしの部分は襟などにデザインとして生かし、芯(しん)や肩パットは使わないなど構造はカジュアルだが、独自の型紙と縫製で上品なデザインに仕上げた。

 価格は5万8千円からと安くはないが、顧客の平均年齢は35歳で年代を問わず好調だ。山口達三社長は「技術とデザインが進歩し、今はジャケットを使い分けられる。もっと気軽にジャケットを楽しんでほしい」とアピールする。

【関連記事】
結婚したい! イケメンすぎるホームレス 中国で話題沸騰
読者モデル募るぜ!! メンズナックルとニコ動、審査生放送へ
激安に揺れるジーンズ老舗 ビンテージは変わらず強いが…
2010〜2011年秋冬 東京ブランド新作 重量感より軽やかさ
注目モデルの菜々緒がNo・1レースクイーンに

北海道厚沢部の車両火災 子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
<薬害C型肝炎>全国原告団代表、山口美智子さんが自叙伝(毎日新聞)
「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想(J-CASTニュース)
弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)
米核新戦略 鳩山首相が歓迎「まさに第一歩」(毎日新聞)
posted by tkqsmzin5g at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

若林氏議員辞職願提出 参院本会議での代理投票問題の責任をとって(産経新聞)

 自民党の若林正俊元農水相は2日午前、参院本会議での採決時に席をはずしていた青木幹雄前参院議員会長の投票ボタンを押していた問題の責任をとり、議員辞職願を江田五月参院議長に提出した。

 若林氏は3月31日の参院本会議で、NHK予算案の採決の際、隣席の青木氏の「賛成」ボタンを押していた。その場面が写真撮影され、発覚。民主党は1日、「国会の議決を不正行為によってゆがめた前代未聞の事案だ」として参院議長に懲罰動議を提出した。

 自民党執行部は混乱が広がることを懸念。若林氏の議員辞職を求めるなど、問題の早期の幕引きに乗り出していた。

【関連記事】
「代理投票」若林議員に厳しい対応求める方針
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
なりふりかまわず?小沢の逆襲! 創価学会と接触も
小沢氏vs青木氏 参院選島根で宿敵同士の最終戦争勃発
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退

橋下知事、大阪市議補選で「議席取らないと」(産経新聞)
<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
<伊勢湾フェリー>9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
<多摩ニュータウン>一括建て替え決定 高層マンションに(毎日新聞)
<殺人>父親殴り死なす 34歳の男を容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
posted by tkqsmzin5g at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

強盗傷害罪の被告「裁判員の質問ためになった」(読売新聞)

 強盗傷害罪などに問われた住所不定、無職真辺一被告(37)の裁判員裁判の第2回公判が25日、横浜地裁(川口政明裁判長)であった。

 検察側は「何度も服役を繰り返している被告に規範意識はなく、更生には骨身に染みる長期の刑が必要」として懲役10年を求刑。弁護側は「被害者のケガは軽く、被告の生い立ちや事件の経緯に酌むべき点もある」と述べ、「懲役4年以下が相当」と主張して結審した。

 被告人質問では5人の裁判員が質問した。女性裁判員が「刑務所から出所し、社会の風当たりは強かったか」と尋ねると、真辺被告は「逮捕と同時に時間の流れが止まり、出所して再び動き始める。そのズレで社会に適応できないのがつらい」と述べた。

 真辺被告は成人後、これまでに6回服役し、期間は計約15年に及んだ。川口裁判長が「裁判員の方々からこれまでの裁判で聞かれたことのないような質問を受けてどう感じましたか」と問いかけると、真辺被告は「一般の方の意見を聞き、母や未来のことも考えさせられ、とてもためになりました」と答えた。

<大麻所持容疑>大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警(毎日新聞)
射爆場返還は困難=沖縄防衛局長(時事通信)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
【中医協】先進医療2技術と、医療機器108件の保険適用を了承(医療介護CBニュース)
「子供たちの夢奪った」ペコちゃん盗に執行猶予付き判決(産経新聞)
posted by tkqsmzin5g at 04:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。