2010年01月21日

災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)

 震災の被災者に貸し付けた「災害援護資金」をめぐり、兵庫県尼崎市が返済滞納者の連帯保証人の男性(45)=同市=に約290万円の支払いを求めた訴訟で、神戸地裁尼崎支部(竹中邦夫裁判官)が自己破産した男性の免責を認めて市の請求を棄却する判決を出し、確定していたことが14日、分かった。県や市などによると、自治体側が敗訴するケースは珍しいという。

【関連記事】
阪神大震災 言葉の壁が心の壁…教諭、3カ国語“四十の手習い”
成人式で「阪神大震災知る最後の世代」があいさつ
[ハイチ大地震] 250年分のエネルギー放出? ハイチ直下にプレート境界
[ハイチ大地震] 「死は至るところにある」米メディア、続々現地に
[ハイチ大地震] 積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か

こども手当、6月に2万6000円初支給(読売新聞)
撃たれたのは元羽曳野市議長 「どうして…」凍り付く住民(産経新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
中学生書き初め276点ズラリ(産経新聞)
私書箱「振り込め」で悪用 相次ぐ被害 経産省が業者調査(産経新聞)
posted by tkqsmzin5g at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。